セキュリティ

玉砂利の役割とは|防犯効果もある優れもの

防犯対策への効果

鍵と家

防犯砂利というものはある程度大きさのある小石を大量に地面へ敷き詰めることで、防犯対策にするというものです。どうして対策になるのかといえば、この小石の上を歩くと石が擦れて音が出てしまうので、静かに移動したい不審者が嫌がるからです。ですが、防犯砂利はある程度広い敷地に敷かなければ砂利のある部分を飛び越えられてしまい、効果がありません。また、雑草が生える場所に敷くとその雑草が邪魔をして音が出にくくなってしまい、こちらも効果がなくなってしまいます。なので使う際にはある程度広い敷地を選んで除草をし、また生えてこないように専用のシートを先に敷いて固定し、最後にある程度の厚さで敷けば完成です。これに合わせて別の防犯装置などを組み合わせればさらに防犯機能が高まり、不審者もその家には入りづらくなります。

防犯砂利に限らず、防犯グッズを利用する目的は、家を守ること、家族を守ること、財産を守ることにあります。何も対策をしていない家であれば、泥棒などの不審者にとってその家は狙い目であり、対策をしている家と比べて狙われる確率は上がってしまいます。そのため、不審者に狙われないようにするには対象となる家に防犯意識があることを見せることが一つの対策になります。つまり、防犯砂利はその対策の一つになりますが、雑草が生えている中に敷き詰めるなどの見せかけでは意味がありません。同時に不審者が通らないような場所に敷き詰めても効果は出ないので、きちんとした準備をして効果のある場所に対策をし、家や家族、財産を守りましょう。

Copyright © 2017 玉砂利の役割とは|防犯効果もある優れもの All Rights Reserved.