セキュリティ

玉砂利の役割とは|防犯効果もある優れもの

手軽にできる防犯対策

砂利

利用目的と特徴

砂利の中には防犯を考えて作られている防犯砂利がありますが、扱いやすさと手軽にできる防犯対策などの理由から多くの家庭で利用されています。廃棄ガラスを溶解し発泡させるという工程で作られている特殊な砂利ですが、踏むことで石と石が擦れあい大きな音を出すことが最大の特徴です。防犯砂利は普通の砂利よりかなり大きな音がするため、玄関周りや裏口、低い窓の下などに敷くことで、音を嫌う不審者の侵入を防ぐ効果が期待できます。また、発泡させて作っているためとても軽く扱いやすい特徴から、すぐにできる防犯対策として女性でも簡単に敷くことができます。防犯砂利には様々な色があり、家の外観に合わせて色を選ぶこともできるので、違和感なく利用できます。

少しの努力で効果を維持

防犯砂利は、石と石が擦れあう大きな音で防犯の役割を果たしますが、周りの環境や条件によっては防犯の効果を最大限に発揮できない場合もあります。石と石が擦れあい大きな音を出すためには、石と石の間に雑草やゴミなどの摩擦を妨げる原因がないことがとても大切です。砂利を敷く前の除草作業や防草作業をきちんとすることで、雑草が伸びる心配がなくなり、雑草や花の種が飛んできても土に根を張ることを防げます。定期的にゴミや枯れ葉などを取り除くことや擦れて少なくなってしまった防犯砂利を補充することも必要です。また、防犯砂利を敷く時は、人の出入りが多い玄関周りやメーター付近などに多目に敷いておくことで、防犯効果を長く維持できます。

Copyright © 2017 玉砂利の役割とは|防犯効果もある優れもの All Rights Reserved.